読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

urncus's diary

<a href="http://www.geocities.jp/urncus/moto/PR.html">プロフィールはこちら。</a>

どうすれば速く走れるか

筑波サーキットを走ってきたときの動画を見て、バンク角がVTZの時と同じくらいになっているのを確認。
しかし、タイヤが太い分実バンクが浅いので旋回速度はVTZの方が速い。
まぁ、ツーリングタイヤだしあまりこんつめていっても悲惨な結果になりそうなので、タイヤを変えるまではこれくらいの旋回速度で一時的に満足。
あとはギア。内回りは2速キープ、バックストレートで3速で回しきって第一コーナーで2速。
スロットルを開けるところはしっかり開けてしっかりブレーキ。ただエンジンブレーキをかけるだけの時間がまだあるので、それの除去作業。そのためにはブレーキの強弱を使い分ける必要がある。オーバーランしそうな時はフットブレーキも使う。
前回の走行と前々回の走行の組み合わせだ。
これでVTZのタイムは越えられるべ。

youtubeで上手な人のライディングを研究。

クリッピングポイントまでスムーズに減速。自動車がハンドルを切ると減速するように、バイクも旋回すると減速するのか、筑波山で試してきた。
結果はあまり減速しなかった。
おそらく、ブレーキをかけていただろう。
ブレーキをかけると直立しようとするので、ハンドルを曲げて無理矢理曲げてもいいかもしれない。

初心に戻ってフレディー・スペンサー氏のDVDを見る。
なるほど、バンク角がつくにつれて、ブレーキを離していくのか。
リアブレーキは使わなくていいらしい。これは使った方がいいという人もいる。

コーナー侵入時のアプローチは難しい。
VTZの時は確かにブレーキングしながら突っ込んでた。
故に、よくフロントが滑って転倒していたものだ。
高価なバイクだから、無意識のうちに慎重になっているのかもしれない。

↓今回の走行とVTZの走行の合成動画