読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

urncus's diary

<a href="http://www.geocities.jp/urncus/moto/PR.html">プロフィールはこちら。</a>

2008/06/10赤城〜日光

Forceのイベントで赤城山に行ってきました。
うちからだとひたすら50号バイパス。
途中給油:31km/L
集合場所までのくねくね道でちょっと練習。
足の側面を擦ってみたり。
合流場所のぐりーんふらわー牧場へ到着。
ぎりぎり皆さんが着くのに間に合いました。

赤城山を登っていきます…
いつもながら125ccの非力さを感じます
直線では置いてかれるけど、カーブの連続で追いつく感じ。標高が高くなり吹け上がりが悪くなりパワーが出なくなる。
そして写真撮影。

しばらくだべってから沼田方面に下山し田園プラザわかばへ。

とても綺麗な景色で少年(?)が裸で遊んでいました。

ここの料理は様々な豚料理を取り扱っていて、美豚クラブにはたまらない料理でした←俺は違うぞ
とても美味しかったです。

そしてデザート

これも美味しかった。

ゲン公さんたちと沢山話せて良かったです。

そして俺は一人離脱した。
ついでにロマンチック街道を走りたいと思ったんだ。
どうせ来たならね、もったいないよ

日光白根山を登っていきます。
だんだん寒くなっていく。
赤城山の時もそうだったけど、標高1000mを超えるとバイクの酸欠がひどい。
そして標高2000m。
最高時速40km。
平地のカブより遅い。

暇があったらキャブセッティングを変えてみよう。

途中、消防車が尾瀬沼のほうへ向かっていったので思わず着いていってしまった。

このつり橋は尾瀬へのつり橋です。

そしてひたすら長い長い金精峠を越えていく。
パワーが出ないからカーブを曲がっても何一つ面白くない(TT)

金精トンネルを抜けると奥日光の美しい景色が目に映る。

奥に見えるのが中禅寺湖だ。

ようやく登り地点は終わり、あとは下っていくだけ。
まるでらせん状の滑り台を滑っていくように峠を下っていった。

そして、奥日光に立ち寄りました。
ここの温泉は濃厚でエネルギーにあふれています。

ここの温泉が好きでね。心まで癒してくれるような気がする。
傷心旅行はいつもここだった。

でも一刻も早く帰って家の風呂に入ったほうがいいかなと思い、50度の源泉をばしゃばしゃして湯元を後にした。

湯元を出て、しばらく平地。
多少パワーが出てきたがまだまだ本調子じゃない。

戦場ヶ原に突入!

夕闇が迫る草原にCB。なんて素敵な組み合わせなんでしょう。




ひたすらのどかです。

わんこ〜(>o<)ノシ

そしてしばらく走っていくと中禅寺湖が見えてきました。



中禅寺湖を抜け、ついにいろは坂に突入します。

二輪で初のいろは坂になります。


これぞヘアピンコーナー。ヘアピンの形をしています。
筑波サーキットにもありますよね。
180度以上のコーナーでライン取りが非常に難しいところです。

今まで何人の人がこの谷に落ちていったことやら。

ヘアピン攻略がどうも上手くいかないまま終了。

半日ぶりに下界に戻ってきたら蒸し暑かった。
今まで寒かったのがまるで嘘だったようだ。
そして出力も回復。
そしてそのまま4号バイパスを使いかえりました。
帰り際、早めにリガソリンが切れたと思ったら23km/Lだった。
エンジンの中には酸素とガソリンが丁度よい割合で入っているわけだが、標高2000mにもなるとそのバランスが崩れる。
結果、ガソリンだけをガバガバ燃やしてしまうから効率が悪い。
しかも常にフルスロットル。
無事帰宅して、そのまま寝てしまいました。